ギフト商品を検索/Search
ギフトフラワーを用途から選ぶ
商品からギフトフラワーを選ぶ
イベントから選ぶ
ブランチ校デザイナーからギフトフラワーを選ぶ
FAXでギフトフラワーを注文:048-853-5761
ギフトフラワー商品をQRコードで読み取る
Top >母の日
2015.5.10 Mother's Day
5月10日は、年に一度の「母に感謝する日曜日」です。
いつもがんばっているお母さんに、ありがとうの気持ちを伝えましょう。
お花のプレゼントはスティル・ドゥ・アシェにお任せください!
スティル ドゥ アシェ 母の日ギフト紹介
「好きな色を選んで贈りたい」
そんな方にオススメなのが、種類が豊富で値段も手ごろなアレンジメントです。
「お母さんに直接渡したい」
そんな方にオススメなのが、サプライズ的渡せば喜ばれる花束です。
「記念に残るような贈り物がしたい」
そんな方にオススメなのが、インテリアにもなるフレーム・スタンドです。
アレンジ
「好きな色を選んで贈りたい」そんな方にオススメです。
当店のアレンジメントは生花アレンジ・プリザーブドフラワーアレンジ・アートフラワーアレンジからお選びいただけます。
生花アレンジは旬のお花を使って花の香りとともにお届けいたします。お母様のお好きなお花の色をお知らせください。ご注文をいただいてから新鮮なお花で制作いたします。プリザーブドフラワー・アートフラワーアレンジは生花と違って長い間楽しんでいただけます。在庫商品ではなくご注文をいただいてからデザイナーが一点ずつ制作いたします。
アレンジ
母の日ギフト 人気アレンジ
no.1
フルールドパリ・ママンルージュ H20cm×W20cm
フルールドパリシリーズの母の日用ギフトです。
no.2
【母の日】プリザーブドフラワーギフトポット(ローズプチ母の日)
母の日に贈りたいかわいいプリザーブドローズを使ったギフトです。
no.3
【母の日】プリザーブドフラワーギフトポット(カーネーション母の日)
母の日に贈りたいプリザーブドカーネーションを使ったギフトです。
お薦め
【母の日】フルールドパリ・ピンクBOX
人気のフルールドパリシリーズにピンクBOXが加わりました♪母の日にお勧めです(^O^)
花束
「お母さんに直接渡したい」そんな方にオススメです。
当店の花束はパリスタイルの花束・トラディッショナルスタイルの花束からお選びいただけます。
お母様のお好きな花の色をお知らせください。ご注文をいただいてから新鮮なお花で制作いたします。
全ての花束を素敵なギフトラッピングでお届けします。
花束は女性にとても喜んでいただける贈り物です。
花束
母の日ギフト 人気花束
no.1
【母の日】ブーケドセゾン(赤色系)
赤色系の季節の花を束ねてお届けします。
no.2
【母の日】ブーケドセゾン(ピンク系)
ピンク系の季節の花を束ねてお届けします。
no.3
【母の日】ブーケドセゾン(黄色系)
黄色系の季節の花を束ねてお届けします。
お薦め
【母の日】スタンダード花束パープルピンク
紫をメインに旬のお花を束ねたどんなシーンにも使えるスタンダードな花束です。
フレーム・スタンド
「記念に残るような贈り物がしたい」そんな方にオススメです。
当店のフレーム・スタンド商品はプリザーブドフラワー・アートフラワーを使って制作しています。
ルームアクセサリーとしてお部屋を華やかに、モダンに演出していただけます。
いつまでも長く楽しんでいただける商品です。
在庫商品ではなくご注文をいただいてからデザイナーが一点ずつ制作いたします。
フレーム・スタンド
母の日ギフト 人気フレーム・スタンド
no.1
【母の日】花ポット・プリザーブドフラワー
プリザーブド・フラワーで制作した2wayに使えるフレームスタンドです。
no.2
 時計 ホワイト(エンジェル) H14×D8×W14cm
多種多様にご使用いただけるお品です。
no.3
時計 ブラウン(大) H20×D8.5×W20cm
多種多様のギフトへご利用頂けるお品です。
お薦め
ギフト・フレーム M 20×20×6.5
壁にかけたりスタンド風に置いたりのフレームアレンジです。
母の日で知っておきたいこと
母の日の贈り物に関しましては、贈ってはいけないものというのは特にはございません。ただ、子供の身の丈にあわない豪華なもの、今もこれからも使う必要がないもの等は、避けた方が賢明でしょう。
「母の日」は、5月の第2日曜(今年は5月10日)です。お花などを宅配便で送る場合は、「母の日」当日着が大変込み合いますので、2~3日前に到着するよう手配すると良いでしょう。

 

  • 母の日
  • 誕生日
  • 結婚祝い
  • 発表会
  • ディスプレイ装飾
  • 出産祝い
  • 還暦祝い
  • ブーケ
  • ギフト
  • お悔やみ
デザイナー紹介